ハイボール大好き!40代サラリーマンの神奈川(東京)週末デートで食べ呑み歩き

だんだんめん 担々麺【銀座】支那麺はしご銀座四丁目店 四川料理 ピリ辛ラーメン

記事内に広告が含まれています
PR

会社の近くなんです「支那麺はしご」さん。

ラーメンはあまり積極的に食べに行かないのですが

(なんとなくラーメン屋さんってルールが独特で入りにくい・・・)

こちらはむかし同僚に連れられて食べてからお気に入りなんです。

銀座四丁目店とありますが、ほぼ東銀座ですね。(日比谷線東銀座駅から徒歩2分程度)

支那麺はしご銀座四丁目店店頭画像

歌舞伎座近くなだけに雰囲気が「和」な感じでかわいらしい外装です。

店内はカウンターのみで15席ほど。

支那麺はしご銀座四丁目店店内

平日の12時から14時くらいまではひっきりなしにお客さんが入ってくる状態ですが

テキパキ店員さん&お客さんも慣れているので

並んでいてもそれほど待ち時間はないです。

支那麺はしごメニュー

メニューは「だんだんめん(担々麺)900円)が基本の看板メニュー

そのだんだんめんに

ざあさい(搾菜)、ちいすい(鶏絲)、だあろう(太肉)、ぱいこう(排骨)の具が変わることで

価格が変わります。(右側のメニューは辛くない醤油スープメニュー)

支那麺はしごメニュー裏

裏側にもさんほんめん、ちいすいりゃんめん、だあろうりゃんめんと頼んだことがないけど

気になる冷やしそばメニューもあります。

夜は少しお店も落ち着くのでだあろうとかぱあこうをあてにビールを飲む人もちらほら。

PR

四川料理 ピリ辛ラーメン 「支那麺はしご」で大人気担々麺

支那麺はしご排骨担々麺(ぱいこうだんだんめん)

せちはいつも決まってこのメニュー「ぱいこうだんだんめん(排骨担々麺)1100円」

スタッフさんにメインの麺を注文すると

「ごはんいりますか?」と聞かれます。

つまりこちらの「はしご」さんはごはんありきなんです。

そしてごはんはサービスなので女性客も含めかなりの方が「お願いします!」と受け入れます。

排骨ってのは「下味のスパイスがほのかにカレー風味の豚ロースのから揚げ」とでもいいましょうか

その表面カリカリの豚肉が乗っただんだんめん(担々麺)なのですが、これがごはんにあうんです。

支那麺はしご排骨担々麺(ぱいこうだんだんめん)&ごはん

さらにカウンターにはそのごはんと担々麺に切っても切れない関係の「龍馬たくあん(細切りされている甘味の少ないたくあん)」(コショウ、らー油、辛子、お酢も完備)がありまして

このたくあんを皆ごはんに山盛りにして食べるんです。

公式の食べ方はわかりませんが

せちはごはんに山盛りたくあん⇒排骨を食べながらごはんとたくあんをかっこみ⇒ごはんが3分の1になったらレンゲでスープをちょっとかけてフィニッシュしてます。

肝心のだんだんめん(担々麺)ですが

しっかりとした濃いめの芝麻醤とラー油のスープがスパイスですっきりまとまっていて

ストレートの細麺との相性はバッチリ。

足りないかな?と思わせておいて

食べ終わるとお腹も膨れちょうど良いボリューム感。(食べ過ぎてない感じ)

特に仕事日のランチ後に眠くなっちゃう人にはいいんじゃないでしょうか。

何度でも行きたくなるユニークなおすすめのラーメン屋さんです。

支那麺はしご銀座四丁目店

■支那麺はしご銀座四丁目店
■住所:東京都中央区銀座4-13-1
■営業時間:11:00~22:00 (土曜日は21:00閉店)
■定休日:日曜
■駐車場:無
■支払い方法:現金のみ

タイトルとURLをコピーしました