ハイボール大好き!40代サラリーマンの神奈川(東京)週末デートで食べ呑み歩き

ひろそう まるひの貝汁食堂【小田原】絶品海鮮定食を写真たっぷり口コミレビュー

記事内に広告が含まれています
PR

この前の三連休になんとなく熱海へ日帰り食べ歩きしに行ってきました~。

午前中は熱海駅近くに車を停めてテクテクお散歩。

食べ歩きをしよう!と出かけたにもかかわらず、道中に朝ごはんにとおにぎり(ドライブインで食べたちょっと大きめな・・・)を食べ、それが思いのほかお腹にズッシリと居残ってしまい、食べ物屋さんがひしめく熱海の街でもナカナカ食欲が沸かないという事態。

パートナーちゃんもせちもお腹を空かすために歩く羽目に。(笑)

熱海駅前商店街

空腹なら食べまくりだったであろうお店も、おにぎり(大)の威力はアラフィフには絶大で、「おいしそうだねぇ~(素通り)」をひたすら繰り返す熱海食べ歩きツアーの開催と相成りました。

PR

定番の海鮮やおしゃれカフェも多く、生まれ変わった熱海を満喫(?)

昔ながらのお土産屋さんや食堂、干物屋さん、お蕎麦屋さんに加え、おしゃれなカフェやスイーツ屋、海鮮メニューが沢山あるレストランなどなど、メディアなどで紹介されているような新しいお店も色々あって、それらのお店には若い人たちの行列があったりと、観光地として大復活した熱海。

熱海商店街の干物屋さん

それなのにせちはこんなに美味しそうな食堂併設の干物屋さんもウインドウショッピング・・・。

せっかくのランチタイムがお散歩タイムになりました。

おにぎりを食べてしまった過去の自分を後悔しつつも「また来るときのために視察を」と気持ちを切り替えて気がつけば10kmほどお散歩してました。

こんな場所に最高の海鮮食堂が!熱海と小田原の間(真鶴近く)

ひと通り熱海周辺を歩いたあと、車でドライブがてら真鶴半島(これまた懐かしい)へ寄って、今度は半島ウォーク。

三ツ石とやらを見て(写真がナナメなのはご愛敬)、戻ったらなんだかんだと30分ちょっと追加のお散歩となりました。

真鶴半島の三ツ石

小田原に戻る海岸線で見つけた絶品海鮮料理の貝汁食堂の写真

15時過ぎてやっと「お腹空いてきたねぇ」ということで、小田原辺りで夕飯食べよ~と車に乗りました。

良さげなお店があったら入れるようにと、念の為、有料道路ではなく一般道路で北上。

小田原の貝汁食堂駐車場

そしたらあったんですわ~、なんだか気になるお店が。

駐車場広いので車はもちろん、バイクのツーリング途中でランチなどにも良い場所ですね!

場所はこの辺↑

干物とか売ってそうなお土産屋さんみたいな見た目でしたが、「貝汁」とデカデカとアピールされていたので、迷わず駐車場にIN!

小田原の貝汁食堂近影

写真に写っている左手の建物はお土産コーナーらしく、食堂はその奥の階段を上った二階。

小田原の貝汁食堂看板

「営業中」を確認し、二階へ。

小田原の貝汁食堂入口

貝汁、さざえ、あわび、天丼、お散歩で程よく疲れた身体ですがテンション上がってまいりました。

早速店内写真とメニューの写真もたっぷりでレビューします!

ひろそう貝汁食堂(さかな食堂)の店内写真とメニュー

さかな食堂?貝汁食堂?ひろそう?店名はどれ?

もしかしたらこれまでの写真をみて「ん?」と思った人もいるかもしれませんが、駐車場の看板には「漁港直送 さかな食堂」とあり、二階へ案内する赤い看板にも「さかな食堂」と書いてあります。

階段の踊り場には「ひ貝汁食堂」

階段を上がると立派な木の看板には「ひろそう 汁椀」の文字。

・・・そうなんです。

お店の名前、なにが正解なのかが不明なのです。

パートナーちゃんは基本細かいことは気にしない人なので、この記事を読んで初めてせちがこんなことを考えてた事実に気がつくことでしょう。(笑)

で、調べました。↓

お店の公式ウェブサイトで店名が「まるひの貝汁食堂」とあり、さらに運営会社の欄には「ひろそう」とありました。(無事解決!)漁業組合員の店という事はわかりましたが

・・・じゃあ「さかな食堂」ってなに?

とか、

「ひろそう」の意味は?

などの質問は受け付けておりません。💦
(次回お邪魔したら感じの良いスタッフさんに聞いてみます~)

小田原の貝汁食堂店内

さ、本題のレビューを再開しましょ。

綺麗な店内はほどよく広々(お客さんがいなくなってから撮った写真です)で、テーブルのある写真の左手の窓は「オーシャンビュー!!」です。

お店に着いたのは15:30くらいで、待ち時間もなく入店できました。(3,4組先客あり)

晴れた日には最高の景色が見れそうです。(この日はあいにくの曇り空~)

小田原の貝汁食堂入口から見た海

二階の入口から

小田原の貝汁食堂店内からのオーシャンビュー

窓に張り付いて撮った一枚。真っ直ぐな水平線もくっきりと。

この時にはもう二人ともお腹がペコペコでメニューを見ても「全部食べたい・・・」状態。

お店のイチオシ貝汁は一杯500円!でも、定食にはかに汁がつくとのこと。
(どちらのお汁を注文するかすでに悩む)

小田原の貝汁食堂貝汁メニュー

お刺身メニュー

お刺身定食 1600円
アジ刺身定食 2300円
サザエ刺身定食 2200円
おまかせ刺身定食 2300円
デラックスアジ刺身定食(あわび・カニ付き) 3500円
デラックスサザエ刺身定食(あわび・カニ付き) 3400円
デラックスおまかせ刺身定食(あわび・サザエ・カニ付き) 3900円

丼メニュー

しらす丼定食 1400円
しらす・いくら丼定食 1800円
うに丼定食 3200円
三色丼定食(かに・いくら・しらす付き)2600円
海鮮ミニ丼定食 2200円
海鮮丼定食(カニ・いくら付き) 2600円
デラックス海鮮ミニ丼定食(カニ・いくら・あわび付き) 3200円

小田原の貝汁食堂メニュー

天ぷら・天丼メニュー

エビ天丼定食 1600円
エビ穴子天丼定食 1700円
伊勢海老天丼定食 2600~(時価?大きさで?)
えび地魚天ぷら定食 1800円
アナゴ一本と海老天ぷら定食 1900円
大海老天丼定食 梅1600円、竹2400円、松3000円
大海老天ぷら定食 2500円
穴子一本と大海老天ぷら定食 2600円

小田原の貝汁食堂メニュー

煮魚メニュー

金目鯛の煮魚定食 1900円
カレイの煮魚定食 1900円
本日のかまかま煮定食 1700円

唐揚げ

カレイの唐揚げ定食 1900円
トンガリの唐揚げ 580円

単品

金目鯛の煮付け 1500円
カレイの煮付け 1500円
カレイの唐揚げ 1500円
地魚天ぷら盛り合わせ 1400円
穴子と地魚天ぷら盛り合わせ 1800円
かつお・まぐろ酒盗 600円
つけもの 500円
塩辛 600円
もずく酢 500円
なまこポン酢 700円
活伊勢海老みそ汁 2600円
かに汁・貝汁 500円

小田原の貝汁食堂メニュー

さらに本日のおすすめ!

本日のお刺身姿造り 980円
イカ刺 780円
生うに 1500円
いくら 1100円
ブリ刺 1300円
まぐろ刺 1300円
伊勢えび刺 2600円~
トンガリの唐揚げ 580円
サザエのつぼ焼 980円
たまご焼 400円
本日のサラダ 650円

お刺身盛り合わせ 1200円、2300円
本日のお刺身姿造り 980円
アジ刺身 880円
本日のイカ刺身 780円
さざえ刺身 980円
〇貝二種盛り合わせ(あわびとサザエ) 1800円
伊勢海老刺身 2400円(2600円じゃないのかな?)
釜揚げしらす 600円
釜揚げしらす(富士山盛り)900円
赤えび刺身 880円
生うに刺身 1500円

空腹時にこの怒涛のメニューを見てすぐに決められる人います?

小田原の貝汁食堂メニュー

・・・時間稼ぎ&パートナーちゃんが5人分くらいオーダーしそうな勢いでメニューを読み上げ始めたので、せちはお先に一杯。

【小田原】ひろそう まるひの貝汁食堂のレビュー(クチコミ)

小田原の貝汁食堂の生ビール

「し、沁みる・・・」

今日も素敵な一日をありがとう。

そんな一杯。

そうこうしている間にオーダー品決定。

管理人せち
管理人せち

アジ刺身定食 2300円 (ご飯大盛り)
〇貝二種盛り合わせ(あわびとサザエ) 1800円
地魚天ぷら盛り合わせ 1400円

せちはとっくに一杯目を飲み終えて次のハイボールで料理を待ちます。

ハイボールって居酒屋さんで注文すると、氷が山盛り過ぎて飲むところが極端に少なかったりするじゃないですか。(ハイボール好きな方わかります?)

なので、せちはいつも一度に「ハイボール二杯!」とか頼むんです。ゴクゴク飲みたいので。

ですが、こちらのハイボールは氷が三つくらいしかはいってなくて、ゴクゴクと飲んでもまだたくさんある~って感じなので嬉しかったです。(余談のなかの余談)

小田原の貝汁食堂ハイボール

ハイボール写真で見切れてましたが、注文した品物が届きました~!

まずはアジ刺身定食さんです。

届いた瞬間、パートナーちゃんと「あれ?おまかせ刺身定食注文したっけね?」と感じるほどのアジ要素薄まるレベルの刺身盛り合わせっぷり。

小田原の貝汁食堂のあじ刺身定食

アジ、海老、まぐろ、アジのたたき、イカ、タイ、そしてワラサの刺身がこれでもか!とボリューム満点な定食。

小田原の貝汁食堂あじ刺身定食の刺身

食べたいメニューが沢山あったので定食は二人で一つにしたからご飯は大盛りでお願いしたのですが、その意図をスタッフさんが汲んでくれた?のか、酢の物一品多く持ってきてくれたっぽいです。

定食につけるお椀はかに汁にしたのですが、これまた美味しいんです。

小田原の貝汁食堂のかに汁

かにのお出汁が風味なんてもんじゃない読んで字のごとく「かに汁」でした。沢山汗をかいたのでお味噌の塩味が沁みました。

そして貝好きパートナーちゃんご所望の「〇貝二種盛り合わせ(あわびとサザエ) 1800円」

小田原の貝汁食堂〇貝二種盛り合わせ(あわびとサザエ) 

写真で伝わるかしら?定食のお刺身と同じサイズのお皿に山盛りのあわびさんとサザエさん。

新鮮なサザエの肝も湯がいて盛ってくれたようで、貝好きパートナーちゃん(普段は肝は食べない)はホクホク顔で「こんなに美味しい肝はないんだよ~」と貝嫌いのせちに熱弁をふるってました。

あまりにも早く食べちゃったので肝の写真撮ってなかった。(笑)

小田原の貝汁食堂地魚天ぷら盛り合わせ

そして最後の一品「地魚天ぷら盛り合わせ 1400円」

天つゆ二つ&大根おろしも二つです。こういう気遣いが嬉しいです。

写真だとあまり天ぷらの品数が多く見えませんが、海老天に隠れてお魚の天ぷらが5,6個いました。お野菜、お魚、海老、紫蘇、イカゲソの天ぷらがモリモリで1400円は漁業組合員のお店だからできるんでしょうねぇ。大満足のサクサク天ぷら盛り合わせでした。

どこかに行く途中でなくても、このお店目当てに食事だけしにまた来たいです!

駐車場が広いのでバイクのツーリング途中に立ち寄る方のクチコミも多いようです!

追記:

忘れてました~!

お会計の後にお店の人から「これ良かったらお持ち帰りくださ~い!」とちかくで採れたみかんをお土産でいただきました。嬉しかったです~。

小田原の貝汁食堂さんのみかん
管理人せち
管理人せち

調べもせず、ドライブ途中にふらっと入ったお店でこの満足感。

小田原方面・熱海や真鶴方面に行った時にはおすすめのお店です!と大きな声で言いたくないくらい素敵なお店でした。(だって、混んじゃったら気軽に行けなくなっちゃうし~)

ちなみにネットで閉店時間を調べると20時となっていますが、16時くらいに「ラストオーダーですけど~」と聞かれたので、20時じゃなくて?と確認したところ、

「最近は早く閉めちゃうことが多いんですよ~」とのこと。

なので、行ってみたい方は遅くても夕方には入った方がいいですよ~。

まるひの貝汁食堂 ひろそう(さかな食堂)

■店名■ まるひの貝汁食堂 ひろそう
■URL■ https://sakana-syokudo.smafo.biz/
■住所■ 〒250-0025 神奈川県小田原市江之浦字赤沢418ー27 字赤沢418ー27
■営業時間■ 11:00〜20:00 (食材がなくなり次第閉店になることもあるようです)
■定休日■ 金曜日
■駐車場■ 有(18台)
■支払い方法■ 現金のみ

タイトルとURLをコピーしました