ハイボール大好き!40代サラリーマンの神奈川(東京)週末デートで食べ呑み歩き

カリタコーヒーミル【KH-9の調整方法】トランサイドコーヒー 自動販売機

カリタ手動コーヒーミルアイキャッチ
記事内に広告が含まれています
PR

以前、小田急線登戸駅近くにある“見た目が最高過ぎる自動販売機”をご紹介しましたが、コーヒーミルを持っておらず、買ったコーヒーを飲めなかったんです~。

しかーし!

先日、待望のカリタ社製“コーヒーミル KH-9(ブラウン)”をむーちゃんがネット購入。

カリタ手動コーヒーミル KH-9(ブラウン)
お買い物上手<br>むーちゃん
お買い物上手
むーちゃん

定価は7,040円(本体価格:6,400円)ですが、楽天市場での購入価格は4,650円でした~。

PR

カリタ手動コーヒーミルKH-9の紹介

実は手動コーヒーミルを使ってコーヒー豆を挽くのははじめてのこと。

トランサイド珈琲豆写真

さっそく先日自販機で購入したトランサイドコーヒーの豆を冷凍庫からだしました。

トランサイド珈琲豆アップ

ロースト強めの深煎りコーヒーが好きなので、トランサイド珈琲のこの香りは期待できますね。くんくんしまくりです。

カリタ手動コーヒーミル KH-9(ブラウン)とトランサイド珈琲豆

この手動コーヒーミルの質感というか、木製の手触りとハンドルやグラインダー部分の重量感が素敵です。

カリタ手動コーヒーミルKH-9で豆を挽いてみた

カリタ手動コーヒーミル KH-9(ブラウン)上部

分量とかまったくわかりませんが、コーヒーミルの上部が開いたのでここにトランサイド珈琲の豆を投入し、ハンドルをグルグルと回してみました。

力はほとんど必要ないですが、想像よりももグラインドには時間がかかりますね。

しばらくずっとグルグル(ゴリゴリ)・・・。

Melitta(メリタ) アロマサーモ 5カップ レッド  JCM-512/R

せちがゴリゴリ中にむーちゃんがドリップコーヒーメーカーを準備してくれました。

出てきたコーヒーがポットに入るタイプのやつです。(Melitta(メリタ) アロマサーモ 5カップ レッド JCM-512/R)

ポットが可愛いです。

Melitta(メリタ) アロマサーモ 5カップ レッド  JCM-512/Rのペーパーフィルター装着写真

ペーパーフィルターを装着し、ミルで挽いた豆を投入!

想像よりも細かいかも?って思いましたが、はじめてですしとりあえずスイッチオンして飲んでみましょ~。

Melitta(メリタ) アロマサーモとコーヒーマグ

出来た~!

うんうん、想像通りの深煎りテイストはせち好み♪

細かく豆を挽きすぎたかな?と思いましたが、飲んでみたら違和感はなしで、特にミルクを入れたら丁度良い口当たりになりましたね。

ミリタのステンレス キャニスター MJ-2156

こちらは残ったコーヒー豆を保存しておくキャニスター。

メリタのステンレス キャニスター MJ-2156ってやつですかね。

4000円くらいの商品なだけに造りがしっかりしていますし、見た目もカワイイ。

ミリタのステンレス キャニスター MJ-2156とカリタ手動コーヒーミル

こんな風に思わず並べて写真を撮ってみたくなります。

メリタとカリタ。

カリタ手動コーヒーミルKH-9の調整方法

今回は何も考えずにコーヒーミルを箱から出してそのまま豆を挽いてみましたが、パッと見はちょっと細かすぎるかな?って感じ。

次回のために細かさの調整方法を調べたので、実践してみます!

カリタ手動コーヒーミルネジ

まずはこのダイヤルみたいなのをくるくるして外します。

カリタ手動コーヒーミルハンドル

くるくるがなくなるとハンドル部分が抜けるようになります。

カリタ手動コーヒーミルハンドル外したところ

多少引っ掛かりがありますが、このように外れます。

カリタ手動コーヒーミルの部品

1、くるくる
2、ハンドル
3、軸を回すための金具
4、ワッシャー

これらの四つの部品を外せば準備OKです。

カリタ手動コーヒーミル挽き目調整方法

挽き方の調整はいたって簡単。

真ん中のネジ部分を下の歯車みたいな部分を押さえつつ回すだけ。

カリタ手動コーヒーミル挽き目調整方法2

これが一番細かくなってる状態です。

カリタ手動コーヒーミル挽き目調整方法3

挽いたコーヒー豆の出口がこんな風に狭まっているか、間があいて広がっているかでコーヒーの挽き目調整ができるんですね。

管理人せち
管理人せち

今回は細かく挽いて飲んでみましたので、次回は調整をして少し粗めに挽いてみます~。

自前トランサイド珈琲美味しかった~。

タイトルとURLをコピーしました